将棋タウントップ/飯能将棋センタートップ

リレー将棋

こちらは「飯能将棋センター」内で行われている「激指を含めたリレー将棋」についてその解説、解析したものを載せています。

なお、公開するものですので参加者名はすべて仮名での記述です。
棋譜は実際に指されたものですが、それ以外の内容についてはフィクションとなっている部分もあります。また、リレー将棋はほぼ毎週やっていますが、ここでの更新は面白い棋譜が出来た時だけ、通常月に1回程度更新できればと思っています。

下の年月をクリックすれば、その棋譜と解説が見られます。この解説を読む時、Kifu for Windowsに入れて見られるように、棋譜はそのページの最後にまとめて載せてあります。動かしながら見たい場合は、そこにある棋譜をコピーペーストしてお使い下さい。

(2)第二局(2017年4月23日)・・・玉頭位取り対石田流(三段・三段・三段vs2級・準二段・四段・激指)

(1)第一局(2017年4月02日)・・・四間飛車穴熊対左美濃(三段・三段・席主vs二段・三段・三段・激指)


(登場人物)

席主・・・飯能将棋センター席主。この本文を書いている張本人。
激さん・・・将棋ソフト「激指14」に宿っている”つくも神”。将棋の神と交信することもある。なぜか関西弁。

※将棋ソフト「激指14」をのせているパソコンは、Insporon15 5000でi7-7500U 8G。対局設定は、棋風「激指」強さ「Pro+」戦型「全戦型」で1手30秒の時間設定をしています。棋譜解析は、最高の「七段+」です。
※解説の一部を会話形式で行っていますが、その際「激さん」の言葉を関西弁で書いています。これは「夢をかなえるゾウ」(飛鳥新社)に出てくるインドの神「ガネーシャ」を真似ました。記述に当たっては、他の本やネットにある「大阪弁変換」なども参考にしましたが、大半はこのガネーシャをお手本にしていますので小さな違和感は見逃して下さい。大きな間違いがある場合は、具体的に直してご連絡頂けると有り難いです(メール)。


※このリレー将棋に参加している常連さんについては「リレー将棋の参加者」として、別ページを設けて紹介しています。

将棋タウントップ/飯能将棋センタートップ