ホームへ戻る

NHK杯で終盤生じた詰み筋


2005年9月18日に放映された藤井九段-有吉九段戦の最終盤、ここで藤井九段が▲1五香として投了した。この局面は合駒が悪いのでさすがに詰みだろうと思い、念のためソフトに入れたら面白い手順を披露。
但し、実戦は、藤井九段の持ち駒に角と歩があと二枚余分にある。角は駒箱に入れ、歩は後手の持ち駒に加えた(なお、持ち駒に歩が二枚あれば、23手目に▲1五歩と打ち全部で25手で詰む)。
後手の持ち駒がなくなっていく妙手順をご堪能あれ。