ホームへ戻る/3行のつぶやき表紙へ

3行のつぶやき

2017年1月

■2017/01/23 (月) 1月22日の将棋センター

第四週は土日とも営業。以前非常に良く来ていた二人の人をしばらく見ていないのだがそのうちの一人と久しぶりに指した。

先週話題になった○○新手に別の受け方があることを対局者が持ってきた。思ってもいなかった手順で、「いやー、将棋は深い!」。

夜は激指を含めたリレー将棋。その後NHK杯の即詰み逃しの話になり、盤面に並べて解いているうちに「実戦の詰み」の姉妹作も完成。

■2017/01/20 (金) スマホのアプリ part2

「詰碁プロ」は毎日6問、やさしい問題を出題してくれるので自分にはちょうど良い。

「詰将棋パラダイス」もすばらしいアプリで、ものすごい数の詰将棋に毎日新着が加わり、ほとんど無限に出来るのがうれしい。

ただ、最後の詰みまでは分からなくても、「ここまでは間違いない」と思う所まで進めてしまえるので、読みの忍耐力はつかない。。。

■2017/01/19 (木) スマホのアプリ part1

去年8月、タブレットからスマホに変えた後、しばらくはいろいろなアプリを使っていた。

しかしすぐに飽きてポケモンGOを含む大部分のアプリを削除、結局残ったのは下の二つのアプリだけに。

その「詰パラ」と「詰碁プロ」は電源を入れるたび新着問題を解いている。(←でも電源を入れるのは一週間に一、二回だけ)

■2017/01/16 (月) 1月15日の将棋センター

第三週の日曜日。無農薬で作っている野菜がついに終了、これから春までの間、残念ながら賞品はすべて飲物券などになる。

対局後の検討で、○○新手、○○流、○○システム(←○○は個人名)と勝手に命名し、成立しているかで盛り上がった。

それら新手は、早石田、対三間、横歩△4五角で、その工夫の手順を本日激指で検討したところ予想外な結果に!?(←後日アップ予定)

■2017/01/11 (水) 2016年詰将棋サロン勝手に年間優秀作品賞(3行のつぶやき例外)

昨年一年間の詰将棋サロン、個人的に印象に残った詰将棋を再度選び出してみた。

なお、改めて解いた訳ではないので、どうしても前期の方が印象は薄れてしまう為前半は多少不利かもしれない。

以下、選んだものを、選者が優秀作としたものとそこに選ばれていないものに分け、1月号から順に並べたのがこの下の二行。

月の優秀作品に選ばれているものから・・・・・1月号7番植田氏、4月号8番目黒氏、9月号6番坂田氏、10月号7番中澤氏、11月号6番野々村氏、12月号6番安田氏。

月の優秀作品に選ばれていないものから・・・・・3月号7番井上氏、4月号7番江部氏、7月号5番安田氏、8月号3番鬼頭氏、11月号7番三輪氏。

1月号から難問でかつすばらしいと思ったものを順に選んでいったら全部で11作品になった。ここから個人的に感動したものにあえて順位を付けると・・・。

7月号5番の安田氏と11月号7番三輪氏の二作品が最も印象に残っている。なので「勝手に年間優秀作品」は1位11月号三輪氏、2位7月号安田氏、3位9月号坂田氏に。

ただ実際はやはり優秀作から選ばれる可能性の方が高そうなので、「上の六作品から選ばれる」と予想。(←実は順位を付けようと思ったものの甲乙付けられず)

さらに「勝手に新人賞作品」も選んでみた。初入選作品は5月号の8作とそれ以外の8作で全部16作品。

去年のつぶやきにも書いた5月号7番三輪氏作が月の優秀作でもありイチ押し。これに3月号7番井上氏作を対抗に上げたい。

余談その1・・・ここまで書いて気づいたのだが、三輪氏は2回の投稿で自分はどちらも優秀作品に。これから注目したい作者。

余談その2・・・名前を見ただけで難問と思ってしまう妻木氏は出ていない(たまたま)。でも2月号と6月号でしっかり優秀作に選ばれているので賞を取る可能性も。

余談その3・・・来月号の発売はとても楽しみ。思えば一年前は大風邪をひいて寝込んだ。その後一年何事もなかったものの今年は気を付けなければ。

■2017/01/09 (月) 1月7日8日の将棋センター

土曜日は初めて来た人も入れて第4回の土曜一三会。ちなみに過去4回全勝も全敗もいないので昇段降段共になし。

日曜は途中から雨。比較的強い人たちが来たので自分も珍しく何局も指し、何となく感覚が戻ってきた感じ。

夜、リレーも盛り上がったが、土日とも片隅でいろいろな人が囲碁、さらにペア碁とこちらも久しぶりの囲碁観戦。

■2017/01/06 (金) 去年一年間の詰将棋サロン

気がつけばもう来月頭には、昨年の年間優秀作品が発表される季節だ。

一応毎月ここのネタにするため発売後すぐに解いて来たので、改めて一年間のものを確認して見ようかと思っている。

来週には、個人的に良かった作品をこのつぶやきに列挙するつもり。(とここに宣言しておかないと結局やらなそうなので)

■2017/01/04 (水) 1月3日の将棋センター

1月3日、今年最初の営業で新年将棋大会。

こちらへ初めての人二人、二年ぶりで懐かしく、その人達を入れて夜は激指参加のリレー将棋をしたのだが・・・。

なんと入玉将棋に!しかも激指はトライルールを知らないので・・・今まで一度もないパターン(ルールを決めておかないと)。

■2017/01/03 (火) 将棋世界2月号の詰将棋サロン part2

今回は6番も時間がかかり、二つの優秀作7番8番となかなかの作が揃った。

7番はミニ趣向で筋はすぐに分かったものの変化が詰まず・・・手順前後の罠が巧妙に仕掛けられていることに気づいた。

8番は斎藤六段の作で、”初入選”とは思えないほど良く作り込まれており・・・”優秀作”というヒントがなかったら誤答していたかも。

■2017/01/02 (月) 将棋世界2月号の詰将棋サロン part1

2月号の1番を見て、妻木氏かよ!(←難問作成者というイメージ)、しかも持ち駒5枚かよ!と。

今回は2番以降、3、4、5と順調に解けたのに、この1番はいきなり引っかかり案の定少し時間を取られた。

やっぱり初級の1番はサクッと解けて、「よし、これから解くぞ!」とやる気になれるものが欲しい。

■2017/01/01 () 新年

去年11月に将棋センターを再開、そして新たに2017年が始まった。

元旦のこの日、ずっと連絡を取っていなかった(取れなかった)親友(?)から電話があり、いろいろな話を。

目標も明確になり、近年にない良いスタート。今年もよろしくお願い致します。m(__)m

ホームへ戻る/3行のつぶやき表紙へ