ホームへ戻る/3行のつぶやき表紙へ

3行のつぶやき

2007年4月

■2007/04/30 (月) 4月28日29日の出来事

5月連休突入、前半。2、3日前、あまり来ていない人たちにハガキを出した所、28、29日に一人ずつ久しぶりな人来店。

日曜、やや人は少なかったが、ネットで良く本を買ってくれた人が都内から来店。さらに、たまーに来ていたFさんが囲碁も強いことを知る。

囲碁メンバーが増えて、いよいよ入間将棋センター第二次囲碁ブームか。昔使っていた囲碁手合いカード表、再登場。

■2007/04/27 (金) 二枚落ちの本

かつて作ろうとして挫折した「二枚落ち講座」を将棋センター内の新聞、ミニ冊子に載せるため、いよいよ本格的に書こうと思っている。

で、とりあえず参考にする本をそろえるため、自分のネット古書店の駒落ちカテゴリを見たら、ほとんど売れて残ってないじゃない!

何冊も入ってきていたのだから、少しくらい取っておけば良かった。(←まあ、メインとなる本は一応残してはあるのだが・・・)

■2007/04/26 (木) 時計

自分は時間には非常に正確で、今まで待ち合わせに遅れたことは人生でも皆無に近い。

その自分の携帯の時計は12分進み、仕事場の時計は1分進み、センター内は3分進んでいるのと2分遅れているのとがあり、

車にある時計は33分進んでいる。(←買ってから一度も合わせたことがなく、何分狂っているかだけを把握している)

■2007/04/24 (火) この場所は?

今朝から、市内放送で「本日、消毒をしますので洗濯物を干したり外に出ないで下さい。」との声が聞こえてくる。

さらに、午前中はAブロック、午後はBブロックを消毒するとのこと。

で、ここはAブロックなの?Bブロックなの?

■2007/04/23 (月) 4月21日22日の出来事

日曜、最初に来た若手二人が9路を一局。途中、自分も打ったが、黒3子と互先と白7子で考える分量が全然違うことに気付いた。

夜は、大和証券杯を鑑賞。連休に計画している次の一手当て大会の練習をしてみた。以下が決まった「次の一手」大会概要。

10問出題各1点、他にボーナスとして勝者予想1点、最終問題1点、さらに正解が一人だけなら1点追加(かぶっちゃや〜YO!)。

■2007/04/20 (金) 契約更新

ウイルスバスターの契約が切れるので、一年だけ更新することにした。

三年契約だと割安になったりもするが、評判が良くなってくれば「ウイルスセキュリティZERO」への乗り換えも考えられるし・・・。

何よりネットに関しては新しいものが次々出てくるので、全ての契約は一年に限る。

■2007/04/19 (木) ブログのデザイン

ブログのデザイン変更が面白くて、この二日間ついつい夢中でやっていた。

つぶやきを書くのも忘れ、時間も忘れてやっていたら、もう五月連休まで十日位しかないじゃない!

連休の大会内容を早く考えないと・・・。

■2007/04/17 (火) 有段者将棋名鑑

今日送られてきた本の中に、「有段者将棋名鑑」なるものがあった(←将棋年鑑と同じ体裁だったので年鑑かと思った)。

初めて見たが、昭和46年当時、こんな本を連盟が出していたことに驚き、また、知っている人がいないか埼玉県の欄を見てみた。

「さすがに40年近くも前になるといないよね〜」・・・・・「いたぁー、○○さん!弐段だ!」(←今五段で、ある地区の世話役)

■2007/04/16 (月) 4月14日15日の出来事

土曜日、新しく二人の方が来店、いつも通り。夜、「囲碁を打てますか?」の電話があり、二人が8時頃来て碁石と盤だけ貸した。

日曜、テレビ対局に亮介君(←どうしてもこの呼び方)が出たので、その話題で盛り上がる。でも、今は(直接)知らない人がほとんど。

リレーの後、大和証券杯を皆で検討しながら鑑賞。バシバシ手の当たる”入間検討会”。自由に口だし出来るので得られるものも多いはず。

■2007/04/13 (金) どこでも詰碁

先日仕事に出かけた際、相手の人が遅れて20分位待たされた。

車の中で、無為に過ごしながらその時思った。「こういう時の為に、車の中に本を置いておかなきゃ」と。

車、寝室、トイレ、仕事場、出先、あらゆる場所に詰碁の本を置いておくことにした。(←詰将棋でないのがなんとも)

■2007/04/12 (木) 扇子事件

名人戦での出来事は大いに驚いたが、場面が場面だけに、NHK杯の時とは若干意見、感想を変えたところもある。

これをミニ感想に書こうかと思ったが、(丹念に書くのは)めんどくさいし、この3行のつぶやきには収まり切らないし・・・。

と言うわけで、この一件も、結局メルマガのネタに落ち着きそう。。。

■2007/04/11 (水) 囲碁ブログ part2

いろいろなところを見て、結局多くの人達がやっているgooに登録することにした。

いきなりタイトルに悩んだが、囲碁の格言集を見ていて、これだ!と思ったのが、「敵の打ちたい所に打て」。

囲碁将棋共通の格言を見つけてちょっとうれしかった。

■2007/04/10 (火) 囲碁ブログ part1

何年も本気でやっていなかった囲碁だが、最近また面白くなってきた。

本やテレビを見て感心したり、人と打ってなるほど!と思ったことなどを綴るブログでもやってみようかと思う。

続くかどうかはともかく・・・・・今、いろいろなブログを物色中。。。

■2007/04/09 (月) 4月7日8日の出来事

土曜日、出足良く久々のトーナメントゼロ回戦。夜は人が少なくなり、将棋世界の詰将棋を。で「連休に詰将棋大会を」と思った。

日曜日、先週のNHK杯の扇子の件を数人に聞いたら、「異常にうるさい」と言う人と、「気付いてさえいない」人に。人生いろいろ。

夜は、大和証券杯を駒を動かしながら鑑賞。検討手順によくなるが、”さすがプロの手”もあり堪能。9時半終了と同時にお開き。

■2007/04/06 (金) 秘密の小道−桜編

「そうだ、今の季節!」とふと思い立ち、憩いの秘密道としてホームページに載せている場所の写真を撮りに行った。

思っていたより桜は少なかったが、それでも人のいない場所での静かな花見、なかなか。

せっかくなので、ホームページにも載せておきました。(→管理人憩いの秘密道−桜編

■2007/04/05 (木) 先日のテレビ対局 part2

(昨日の続き)だから、こういう事は、それに気付いたテレビ局の人が早めに注意して欲しかった。

ところで、囲碁将棋を見ていて最もイライラするのが、頭の影になり盤面が見えなくなることで、「早く解説に切り替えろ!」といつも思う。

対局者は夢中で気付かないことが多い上、こんなものはどちらも簡単に解決できることなので、テレビ局の人が直すべきだろう。

■2007/04/04 (水) 先日のテレビ対局

ネットの一部で、佐藤四段の扇子の音がうるさかったと言われているが、実は自分はずっと見ていて全然気付かなかった。

これは自分だけではないと思うが、将棋の読みに没頭している時は回りの音がすべて遮断される。(←どの位共感してもらえる?)

だからたぶん対局者はどちらも、そんな音が出ていたことにすら気付かなかったのだろう。(←これは高段者には共感してもらえると思う)

■2007/04/03 (火) 4月1日の出来事 part2

先週の土日はいろいろなことがあり過ぎて書き切れなかったので、後二行追加。

日曜は久しぶりにフルートのお爺さんも来店、夜「ついたて棋領」の時、三ヶ月前に思いついた新戦法を試したが・・・不発。勝ったけど。

その後、最近作ったらしい「詰棋領」を披露され、これに感動。詰将棋の世界以上以上以上に分かる人が少ないのが残念。

■2007/04/02 (月) 3月31日4月1日の出来事

土曜日、田中さんが世界4月号サロンの8番目の評価を、と言うので考えていたがその日解けず翌日までかかった。難問。

日曜、初めての子供さん、初段、準二段二人の八枚に負け、10級スタート。しかし基本を教えたら飲み込み早く、常連F三段の八枚に勝つ。

その常連F三段、「じゃ六枚で」と言って始めたらそれも勝って驚き。さらに「じゃ四枚で」ってそこまでして勝ちたいか、おい!次回8級昇級。

ホームへ戻る/3行のつぶやき表紙へ