ホームへ戻る/3行のつぶやき表紙へ

3行のつぶやき

2010年2月

■2010/02/26 (金) 塞翁が馬

ここ2、3日、小さな事だが、良いことと悪いことが交互に起こっていた。

車をぶつけた↓お金を拾った↑荷物が戻ってきた↓問題解決↑指を切った↓新規契約↑花粉発症↓などなど。

でも一番大きなニュースは、生でも見ていたが、やはりバンクーバー冬季五輪フィギュアスケート女子代表3人の快挙だろう。

■2010/02/25 (木) トヨタ問題

オリンピックの陰に隠れているが、今トヨタがリコール問題にゆれている。

実は、今までトヨタの車を買ったことはなく、今度買う時はトヨタ車にしようと思っていた時に沸いて出た問題で、予想外に大きくなっていった。

もうすぐ車検なので、あと2年今の車に乗るとして、このトヨタ問題がどのように決着し、どのような評価を受けていくのかじっくり見定めたい。

■2010/02/24 (水) 冬季五輪 part5カーリング再び

仕事の休みにテレビを付けると、良くカーリングをやっているので思わずずっと見入ってしまう。

予選敗退ということで残念だったが、何でもあの石(ストーン)は20kg近くあると言うことで、持とうとして「おも〜い」と女子アナが言っていた。

「20キロもあるのか・・・漬け物石にちょうどいいな」と思った。(←花崗岩で作られた特殊なものなので1個10万、セットで160万以上の高価な物)

■2010/02/23 (火) 新井田さんの訃報

日曜の夜、ネットで新井田さんの訃報を知ってちょっとショックを受けた。

別段、知り合いという訳ではないのだが、将棋を一番本気でやっていた当時、良くお名前を見ることがあったので、全くの他人とも思えない気がする。

将棋にかける情熱は自分などの及ぶところではなく、遠くから見てもその思いがひしひしと伝わって来ていた。

■2010/02/22 (月) 2月20日21日の出来事

今週もいつもと同じ。土曜日は常連の有段者ばっかり。日曜は、8級からたまに来店の五段まで、小学生からその何倍も生きた人まで様々。

「第6回詰将棋解いてもらおう選手権」の詰将棋。そろそろ作るのが大変になってきて出てくるのが遅れだしたが、何とか揃いそう。

土日とも夜はペア碁。中押しが多い碁だが、この日は並べて数目差。なんとなく碁らしくなってきて打ったという感じがする。

■2010/02/19 (金) 冬季五輪 part4カーリング

人間技とは思えないような各種競技の中で、カーリングだけは何となくそれほど難しそうには見えない。

しかし、今日の中国戦での中国の一投は、ちょうどボーリングとかビリヤードのスーパーショットを思い出させるようなすごい技術だった。

言うだけなら簡単だが、そこにたどり着くのは才能と努力、両方が必要。何でもそうなのかもしれない。

■2010/02/18 (木) 冬季五輪 part3スピードスケート

スピードスケート男子500mでついに日本人が銀、銅のメダルに届いた。

何度もニュースでやっていたが、それにしてもコンマ何秒で決まるすごい世界だな、と思う。

考えて見れば、冬季オリンピックは夏季に比べ、スピードも技も人間がやっているとは思えないようなものが多い。

■2010/02/17 (水) 冬季五輪 part2上村愛子・川口悠子

日曜日だったため、上村の滑りを生で見ることは出来なかったが、その後特集も組まれていたので何度も見ることになった。

川口悠子という名前は知らなかったが、ロシア代表の日本人としてやはり何度もニュースに出てきていたのでこれも見ていた。

上村といい川口といい、頂点を極めるために選択した人生はとても言葉に表せないようなもので、その心情に目頭が熱くなる。

■2010/02/16 (火) 冬季五輪 part1開幕

バンクーバーオリンピックが先週土曜日に始まり、今まさに真っ最中だ。

生中継を見ることはあまりないのだが、いつニュースをかけても年中五輪情報を流しているので、ついつい長く見てしまう。

それにしても、世界の20位、30位でもとんでもなくすごいのに、メダルに手が届きそうもないと取り上げてすらもらえない。

■2010/02/15 (月) 2月13日14日の出来事

特に何事もない普通の土日。土曜、初めての人が来たが、まったく棋力がわからないと言うことでとりあえず六枚で。とりあえず2級スタート。

日曜は常連の大人だけの静かな午後。級位者1名という最近では珍しい日。夜、大和証券杯の準備をしていたが・・・。

何人かが8時前に帰り、4人の検討が終わらないため、次の一手大会中止。途中から画面に出したまま今年初の対戦でペア碁。これも検討長引く。

■2010/02/12 (金) 時間厳守 part4待ち合わせ方

その同級生と先輩が、実はいつも時間に遅れるということを知ったのはしばらく後になってからだ。

それ以来、その二人とだけは待ち合わせしない、ということを心に決めて今まで付き合ってきた。

その同級生とは今でもたまに会うが、”どこかで”会うのではなく、お店をやっているので必ず自分がその人の所へ出かけている。

■2010/02/11 (木) 時間厳守 part3過去の記憶

自分ほどではないが、時間を守ることについては、どうしても他人にも多少厳しくなってしまう。

過去の記憶で、時間を守らない同級生にはいつも文句を言っていたが、一度だけ先輩に対してマジ切れしたことがある。

普段怒ることなどないので、その人がとても困惑していたのを今でも覚えている。

■2010/02/10 (水) 時間厳守 part2出発時間

自分は、時間を守ることについては異常なくらいうるさいし正確だ。

仕事でも遊びでも、待ち合わせの時間があれば、近くなら10分前くらいに、遠くに行くに従い20分前、30分前、1時間位前に着くように出発する。

でも、大抵その予定到着時刻よりさらに10分くらい早く着く。

■2010/02/09 (火) 時間厳守 part1不戦敗事件

先月のことだが、郷田九段が竜王戦で寝坊による不戦敗になった。

多くの棋士がいて、長い歴史があれば、こういうこともあるだろうとそれほどの驚きはなかったのだが、

このニュースの中で、「タイトル戦を含むトップ棋士の寝坊による不戦敗は前例がない」ということに逆に驚いた。

■2010/02/08 (月) 2月6日7日の出来事

このところ、土曜は少なく、日曜が多いという傾向が続き先週も同じ。土曜の夜は8時位には終了。

日曜は子供達や級位者の人達、さらに常連の有段者も来て満席。例によりトーナメント1回戦が終わる前に3回戦が終わり変則ルールへ。

皆、着実に力を付け、W二段は三段、K5級は4級へ。さらに小学生グループの二人も来月から初段へ昇段決定。夜は大和証券杯次の一手大会。

■2010/02/05 (金) 白元のマスク

マスクと言えば、売り場に白元の「快適ガードプロ」が目立つのだが、これは去年「メガネのくもり99%カット」に惹かれて買って試したものだ。

しかし、やっぱり少し曇るし、クッションの重さで鼻は痛くなるしで大失敗と思ったものだったが、マスクのシェアはなんと白元がトップらしい。

このマスク、単に自分に合わなかっただけなのか、それとも白元の販売戦略がすごいのか・・・。

■2010/02/04 (木) 超立体マスク

前にも書いたことがあるが、マスクはずいぶんいろいろ試して最終的にユニチャームの超立体マスクに行き着いた経緯がある。

でも今、ホームセンターなどには良く知らないメーカーの”超立体マスク”が置いてあり、これがまた異常に安い。

ユニチャームのマスク5枚と知らないメーカーのマスク30枚入りがほぼ同じ値段。とりあえずお金を捨てる気で一度試して見ようか。。。

■2010/02/03 (水) フレーミング効果

時々目に付くと見ることのある「出社が楽しい経済学」の再放送。

先週、心の会計と題していろいろな行動経済学の法則をやっていたが、その中にフレーミング効果というものがあった。

「宝くじで、1等があたる確率はわずか0.00001%だが、本数で表すと68本。本数で表した方が希望が持てる気がしないだろうか?」・・・・・なるほど。

■2010/02/02 (火) 特売日

わざわざ混まない時間帯に合わせていつも出かけていくのに、昨日は、なぜかよく行くスーパーが混み合っていた。

理由は?と思って見渡すと、「毎月1日は5%引き」という張り紙があるのに気がつき、これか!と。

忘れないようにここに書いておこう・・・「1日は特売日だからこの日を避けて買い物に出かけるように」。

■2010/02/01 (月) 1月30日31日の出来事

1月最終営業日。土曜日は人が少なくいつものメンバーで。野菜がついに採れなくなり、今日からスーパーの野菜果物。夜は早めに終了。

日曜は先週と同じように子供達や級位者の人達が大勢。女流名人位戦があるのに気づいていたが見る暇はなかった。

夜8時からの大和証券杯は少人数で。その後、toshiponさんと今年初の囲碁を一局。少しずつ得をしようやく三子差をなくしたのに、最後の最後・・・。

ホームへ戻る/3行のつぶやき表紙へ