ホームへ戻る/3行のつぶやき表紙へ

3行のつぶやき

2010年6月

■2010/06/30 (水) パソコン依存

普段、パソコンは寝るときでも電源を落とさず、スリープにしたままにして、場合によると深夜立ち上げて見ることもある。

だが、昨日は夕方から大きな雷が鳴っていた為、念のため電源を落とし、さらにコンセントも抜いて早めにパソコンでの仕事を終えた。

しかし、12時間程度でもメールチェックしないと気になるなんて、完全にパソコン依存の生活になっている。

■2010/06/29 (火) ナメクジ

6月はレタスが大量に出来たので将棋センター内でもずいぶん配ったが、それも終わりに近づきまた一年食べられなくなる。

その最後のレタスを洗っていると、無農薬なので、取り損なった小さなナメクジが付いていた。

昔は嫌いだったが、今は大丈夫だ・・・・・「あ、カツユ様!」

■2010/06/28 (月) 6月26日27日の出来事

6月最終の営業日。土曜日、子供達が一斉に早くから来て、おまけトーナメント締め切りの1時半前に一局目終了。

第7回詰将棋解いてもらおう選手権の問題用紙をこの土日から配りだした。手合いのあいている人達は早速解いていたが、今回はちょっと手強い問題がある。

日曜は少ない。昨日来た子供達は(詰将棋を)誰も出せなかったが、今日来た一人の子供は全問解いていった。夜は大和証券杯。終了後珍しく囲碁をやらずお開き。

■2010/06/25 (金) どうでもいい疑問 part4

アンパンマンのキャラクターは、アニメなので日本語を話す。

動物はもちろん植物も、そして当然あんパンや食パンなど食べ物も、さらにはSLや歯磨き粉など生命のないものさえ喋ることが出来る。

なのに何故イヌのチーズとレアチーズちゃんだけは喋れない!?

■2010/06/24 (木) どうでもいい疑問 part3

昨日、どしゃ降りの中出かけたのだが、そんな雨で傘をさすたび思い出すシーンがある。

「ヒカルの碁」の中で、テレビに驚いた佐為が、傘は千年前から何も変わっていないと疑問(不満?)を言うところ。

宇宙に出ることが出来、何百人も空を運ぶ機械を作れるのに、人一人雨から守れるシールドすら作れないのだろうか?

■2010/06/23 (水) どうでもいい疑問 part2

自分の行動範囲内に100円ショップのダイソーが四店舗ある。

そのうちの二つは、よく車で前を通るのだが、一軒は看板に「The ダイソー」とあり、もう一軒には「ダイソー」とだけ書いてあることに気づいた。

なぜ片方にだけTheがついている?前を通るたび思い出すが、調べて見るほどの疑問でもない。

■2010/06/22 (火) どうでもいい疑問 part1

歩行者用の手押し信号で、押した後いくら経っても変わらない信号と、押した瞬間に変わる信号がある。

家の近くで、歩いたり車で良く通るところにそのような信号が二つずつあり、押したあと長時間待たされる信号は押さずに渡ってしまうことが多い。

いったい誰がこのいい加減な「待ち」の時間を決めているのだろう?

■2010/06/21 (月) 6月19日20日の出来事

土曜日、有段者ばっかり。しかも珍しく四五段陣が多くハイレベルな戦い。夜はワールドカップがあるのでほとんどの人は帰ったが・・・やっぱり(土日とも)ペア碁。

日曜、このところの日曜としては人が少なく、手合いに苦慮。特にリーグ戦参加者の一部の人達の来店が少ない。リーグは少しだけしか進まず。

第7回詰将棋解いてもらおう選手権の受付終了。6人出ているのでこれで出題。多くの人に解いてもらいたい為、今回は一ヶ月以上の期間を設ける予定。

■2010/06/18 (金) まだつづく整理整頓 part8

パソコン関係の本箱には古いマニュアルがたくさんあったので、今回はかなり処分した。

しかしその中に、「裏窓から覗くパソコン楽万華鏡 (PCミリオンブックス) 」という本があり、ちょっと中を開いたら面白くてつい読みふけってしまった。

平成6年出版なので今から16年も前の本だが、当時のパソコン事情がよく分かり、改めて時の早さを感じた。(・・・な本を読んでいたらもう夕方に!)

■2010/06/17 (木) まだつづく整理整頓 part7

捨てようかどうか迷うたびに思い出すのは、昔の会社員時代、なんでもすぐ捨てるA先輩となんでも取っておくB先輩の言い争いの会話だ。

「あの資料、どこいった?」と探すBさん。「捨てたよ。」とAさん。「なんで捨てるんだよ!」「そんなもんいつまでも取っておくから山のような資料になるんだよ!」

どちらも良い先輩で仲も良かったのだが、仕事のやり方は違っていたのだな、と思う。

■2010/06/16 (水) まだつづく整理整頓 part6

今回は、そんな「高いもの」や「思い出の品」も全部思い切って捨てようと思う。

それにしても、書類の整理は、一つ一つ見ては捨てるかどうか決めるので、時間ばかりかかってなかなか進まない。

その上、パソコンの備品は、可燃ゴミ?不燃ゴミ?有害ゴミ?粗大ゴミ?それともプラスチック類?などどのゴミで出して良いのか分からないものが多い。

■2010/06/15 (火) まだつづく整理整頓 part5

捨てようと思ってもなかなか捨てられないものに、高いお金を出して買ったものたちがある。

たとえばゼンリンの住宅地図とか一冊一万円以上する専門書とかはもう絶対使うことはないのに何となく捨てられない。

ソフトだって、数万も出して買った「脊尾詰」は、今では性能が良く安価な柿木があるのに、いまだにそのフロッピーを保管している。

■2010/06/14 (月) 6月12日13日の出来事

土曜日、人は少ないが有段者ばっかりで、高段の人もいた為、検討はかなり熱が入った。夜、将棋の検討に10時、さらにその後ペア碁。

日曜、出足悪く一局だけ早く終わってしまったため二面で指していたら、3時過ぎどんどん人が来て急に忙しくなった。また、土日と暑く一日冷房を。

8時からは大和証券杯。王位戦の前哨戦で面白かった。9時半終了後さらに久々の組み合わせでペア碁。戦いのない細かい碁。二日間とも0時お開き。

■2010/06/11 (金) 整理整頓 part4

家では良くやるのだが、自分用の将棋の本箱を整理していたら、二列になっていて、本の裏側にも本があってビックリした。

以前いっぱいになって入りきらなくなった時、「とりあえずあまり読まない本を後ろに置いておこう」と思ってこのようにしたのだがすっかり忘れたままに。

「四間飛車の急所とか詰将棋本とかどうせすぐ読まないのだから売ってしまうべきだよなぁ〜」・・・・・(戻すな!)

■2010/06/10 (木) 整理整頓 part3

この本の「空きスペースをつくる」と題した所には、『六ヶ月以上保存しているものの95%はゴミだ』ということが書かれている。

これを読んだ時、以前何かの本にも、「あなたが死ねばすべてゴミ」と言ったようなことが書いてあったのを思い出したが、確かにそう思う。

部屋の中をざっと見渡しただけでも、一年間、一度も開けない箱や、一度も手に取らない本がたくさんある。

■2010/06/09 (水) 整理整頓 part2

この本は、『平均的なビジネスマンは、探し物をする為だけに一年間に百五十時間も浪費している』との話から始まっている。

そして、『整理できない人たちの最大の過ちは、いつでも必ず「あとで」があると信じていることだ』と言い、

『しかし、実際には「いま」か「もう手遅れ」のどちらかしかない。』と続けている。・・・・・確かに!耳が痛い。。。

■2010/06/08 (火) 整理整頓 part1

一年の中でもかなり忙しい部類に入る5月後半が過ぎると、6月中旬の二週間は、一年の中でももっとも暇になる時期だ。

定期業務である本の登録や発送以外やることが何もなくなったので、今週と来週は大規模な整理整頓、大掃除週間にしようと考えている。

そこで、以前買った「気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ 」と言う本をもう一度読み直している。

■2010/06/07 (月) 6月5日6日の出来事

6月最初の土日。レタスが旬なので、今週と来週はおまけ大量。土曜日、超常連しかいなくて少なかったが、初めての人に都内から本を持ってきてもらった。

日曜、久しぶりの人もいていつも通りだったが、こちらも初めて来店の人がいた。隣の市の人で二段と今ではちょうど良い中間の棋力。

土日とも夜はいつものペア碁。最近は、夜遅くまでいる人達があまり来なくなった為、これが定跡化している。

■2010/06/04 (金) 「一歩千金」印刷トラブル part4

2年前はインクジェットで印刷していたはずなのに、デフォルトでは上下が逆になったり、きちんと印刷出来るようになるまでにここでも時間がかかった。

今週は、(一歩千金を出さなくてすむように、本を売らない為)登録数を20冊でやめたり、とにかく先月から今まで一歩千金の為にやたら時間をとられ余分な苦労をさせられた。

今日、コクヨの用紙が届き、おそるおそる両面印刷したら、紙詰まりも起こさず正常に印刷できて、ようやく一件落着した感じだ。

■2010/06/03 (木) 「一歩千金」印刷トラブル part3

コクヨの2500枚の用紙を使い切る前に、ちょうど近くのホームセンターで、新しい白色度の高い用紙を買って試したら、なんと紙詰まりを起こさなかった。

以来その用紙で印刷し続けたのだが、先月末突然理由もなく詰まりだしたと言うわけだ。・・・・・が、なんとコクヨの用紙で印刷すると詰まらないではないか!

しかしコクヨの残りが十数枚しかなく、急遽1箱2500枚注文したのだが、1週間かかるということで、そのつなぎにインクジェットで再び印刷してみた。(さらにつづく)

■2010/06/02 (水) 「一歩千金」印刷トラブル part2

メルマガの古書店裏話にも書いたことがあるが、「一歩千金」を作るためのB5の両面印刷というのは、A3の両面印刷に比べトラブルの連続だった。

一つ前のレーザープリンタでは紙が詰まってどうしても印刷できず、最初はインクジェットで印刷していたが、こちらは遅い上にすぐに乾かないという問題があった。

新しい今のレーザーにした時も最初は紙詰まりが起き、500枚ずついろいろなメーカーのものを7パック位買ってきて、ようやくコクヨの用紙に行き着いた経緯がある。(つづく)

■2010/06/01 (火) 「一歩千金」印刷トラブル part1

月末、一番いろいろやることのある時に、突然「一歩千金」を印刷しているレーザープリンタが紙詰まりを起こした。

一歩千金のB5両面印刷以外は大丈夫なのだが、裏面に行こうとするその瞬間に詰まって、何度やっても印刷出来ない。

「もう、何だってこの忙しい時に限ってトラブルんだよ!月中とか暇なときに詰まってくれよ!」とグチった。(←暇な時にも詰まらなくていい!)

ホームへ戻る/3行のつぶやき表紙へ