ホームへ戻る/3行のつぶやき表紙へ

3行のつぶやき

2012年8月

■2012/08/31 (金) iPad part59 総括(4)今後の予定

今後iPadは、今の事務所で使うのを中心にし、車で他の自分の家へ行く時だけに持って行こうかと考えている。

そして先日買ってしまった(^^;去年12月に出た7インチの「GALAXY Tab」を再び激安SIMで使うことにした。

ガラケー(2.5)、スマホ(3.8)、GALAXY Tab(7)、新iPad(9.7)、ネットブック(10)、ノート(15)、補助パソ(17)、メインパソ(22)(←液晶の大きさ)

■2012/08/30 (木) iPad part58 総括(3)携帯性と重さ

スマホが120g位なのに比べるとiPadは本体で670g、カバーを付けると900g以上にもなる。

常時携帯するには、文庫本程度の170gからどれくらいの大きさ・重さになっても我慢出来るのかというのが一つのポイントだろう。

自分の場合、(今の段階では)単行本と同じ300g程度で出来る限り画面の広いものを使いたいと思っている。

■2012/08/29 (水) iPad part57 総括(2)iPadの良さ

今さら良さについて語るのも何だが、やはり操作性と画面の美しさがすべてと言う気はする。

地図にしろ写真にしろ非常にきれいな上、操作性もiPadに慣れてからスマホに戻るとその違いに愕然とする。

Wi-Fiならネットも早いし、暇な時はゲームでも本でもいくらでも時間をつぶせるだけのものがあり最高のタブレット端末だ。

■2012/08/28 (火) iPad part56 総括(1)iPadの不満

スマホの不満は、画面の小ささとバッテリーの保ちの悪さ、ということは前に書いている。

そう言う意味で言うと、iPadは、重さとソフトバンクの電波状況の悪さが最大の不満になるだろう。

見やすさを取るか携帯性を取るかは仕方ないとしても、良く行く場所で電波が途切れるのには「残念!」(古っ)としか言いようがない。

■2012/08/27 (月) 8月26日の出来事

8月最後の日曜日。人も少なく超常連さんだけの一日。しかしリーグも出そろい何局もスタート。

途中、チャイムの音で初来店の人が来たのかと思ったら、赤旗の囲碁将棋大会を知らせに来てくれた人だった。

夜は二ヶ月ぶりにいつものペア碁2。あの疑惑の半目差勝ちから真の決着へ。終局後感想戦としばらく話を。

■2012/08/25 (土) iPad part55 どうぶつしょうぎ(公式)(3)

このアプリ、レベルは五段階になっており、最初は弱く後半は少しは強くなっているようだ。

とはいえ、それでも弱くちょっと人間が強くなるとすぐに飽きてしまう程度で、「もう少し強く出来なかったのかな?」という疑問は残る。

それに「黒猫のヨンロ」のような「詰めどうぶつしょうぎ」とかも出来そうだし、アイデアによってはもっともっと面白くなりそう。

■2012/08/24 (金) iPad part54 どうぶつしょうぎ(公式)(2)

自分がこれにハマッた一つの理由が、テンポの良いバックミュージックにある。

最初は動かし方も忘れていたが動きが表示されているのですぐ指す事が出来、そのサウンドに乗せられてつい何度も遊んでしまった。

でもガイドにある「〜同じ森のライオンに勝つと・・・?!」と意味深な言葉に最後までやってみたが、特に何も現れない。。。

■2012/08/23 (木) iPad part53 どうぶつしょうぎ(公式)(1)

まったく期待せず、「安いし、何かのネタくらいにはなるかな」と思って入れたのが「どうぶつしょうぎ(公式)」(キャンペーン85円)だ。

ところが開けて見ると見慣れた図柄ではあったが、非常にきれいな盤面と駒が表示されその出来の良さに驚いた。

人同士で指すことも出来るが、コンピュータとの対戦では、前段階をある程度勝たないと次に進めないようになっていて思わず夢中になる。

■2012/08/22 (水) iPad part52 黒猫のヨンロ(2)

このパズルは、将棋で言うなら羽生に匹敵する囲碁の張栩が考案したオリジナルだと言う。

張栩は、以前「張栩の詰碁 」の挿入エッセーを読み、その中に「相当なタ○コ嫌い」と書かれていてすごく共感を持った囲碁棋士。

「タバ○を吸っている人とすれ違うとき、息を止めて一気に立ち去る」とあるのは自分と一緒で、それ以来テレビに出るたび常に応援している。

■2012/08/21 (火) iPad part51 黒猫のヨンロ(1)

将棋センターに来ている人に聞いてダウンロード、ハマッたのが「黒猫のヨンロ」(キャンペーン170円)だ。

囲碁への入門者用に作られたやさしい詰碁みたいなものだが、意外と奥が深いのにビックリ。

でも一番最初ストーリーから見始めたら、延々物語が続き・・・「いったいいつ始まるんだよ!」とツッコミを入れることに。

■2012/08/20 (月) 8月19日の出来事

8月15日のお盆将棋大会に昨日の日曜。どちらもやや人は少なかったが、いつもの一日。

このところずっとtosiponさんが見えない。トマトを一度も付けないうちに夏が終わりそう。

夜はどちらもペア碁5。いろいろな組み合わせで手合いが徐々に正確に。午後11時前お開き。

■2012/08/18 (土) iPad part50 タブレット端末

自分は熱しにくく冷めやすいので(←最低)、何か物を買うときに、予約をしたり1ヶ月以上待つ物はほとんど買わない。

そのiPadも2ヶ月を過ぎ飽きてくると、喜んで使っているうちはそれほど感じなかった重さが、さらに重くズシリと響くようになった。

電波状況の悪いソフトバンクにも不満があり、最近、再びイオンSIMでドコモのタブレットを使うか検討し始めている。

■2012/08/17 (金) iPad part49 容量について(2)

これから入れるかもしれない本やデータの為に、これ以上のアプリはあまり入れないことにした。

でも、16Gで失敗したと思っている訳ではなく、まあ何とかなるかな、というくらいの感じではある。

と言うのも、最近iPadの事しか書かないつぶやきにも飽きてきたが、実は「新iPad」にも飽きてきていて使い続けるかどうか微妙。(おい)

■2012/08/16 (木) iPad part48 容量について(1)

新iPadを買う時、写真は撮らないし、音楽は聴かないし、動画はダウンロードしないので16Gで十分との認識だった。

しかしMap Fanは1.7G、大辞泉は1.4Gくい、本やいろいろなアプリを入れたら、空き13.4Gの半分以上を使うハメになってしまった。

容量に関して言えば、やっぱり「大は小を兼ねる」のだ。

■2012/08/15 (水) iPad part47 デジタル大辞泉(2)

辞書は、百科事典としての機能もある広辞苑(8500円)と似たような大辞林(2500円)との三つで、買うまでに迷いに迷った。

値段は高くてもガッカリすることはないだろうと広辞苑を購入する直前まで来たが、最後に見た大辞泉の紹介ページで逆転購入。

他の辞書を見ていないので比較は出来ないが、これも地図と一緒で期待が高かっただけに「まあまあかな」とややクールダウン。

■2012/08/14 (火) iPad part46 デジタル大辞泉(1)

辞書に関してはいくつか出ているが、買ったのは「デジタル大辞泉」(2000円)だ。

辞書類も地図と同じで、ネットに無料のものがあるのに買う意味があるのかということは当然考える事になった。

でもやはりオフラインでいつでも見られて、しかも暇つぶしにも使える辞書はどうしても欲しかったのである。

■2012/08/13 (月) 8月12日の出来事

8月お盆休みの日曜日。ほぼいつも通りの一日。夕方小島さんから電話があり、お盆の営業について聞いてきた。15日には行くとのこと。

今回、営業日が少ない上、周知してないのでその15日のお盆将棋大会は人数がちょっと心配。これを見た人は来て下さい。

キュウリが終わりに近くなりそろそろ全員には回らなくなりそう。入賞者はトマトとナスに。夜はいつものペア碁。組み合わせを変えて二局。

■2012/08/11 (土) iPad part45 美女アナ時計2(3)

写真は高画質でとても良いが、アプリの機能としては最低レベルに属する。

向きは変えられないし、動画は小さいし、起動時ランダムに写真を出すのがウリのようだが、これって何もユーザーの事を考えてないと言える。

時計を表示したフォトフレームにしようとしても、お気に入りの写真になるまでに、開いては閉じ、閉じては開くを何回も(^^;

■2012/08/10 (金) iPad part44 美女アナ時計2(2)

今、テレビに出ているすべての女性タレントで自分の一番好きなのが高見侑里だ。

なので最近朝のニュース番組はTBSからフジに変え、「アンビリバボー」も毎回録画しておき、出演していない時は見ずに即削除(^^;

この時計アプリの写真は36枚しかないものの動画も一つあり、かわいくてもうそれだけで星5つ(^^;;;

■2012/08/09 (木) iPad part43 美女アナ時計2(1)

天気のアプリを探している時、偶然見つけたのがこの「美女アナ時計2」(600円)だ。

皆藤愛子・杉崎美香・長野美郷・潮田玲子・高見侑里の5人の写真全部で184枚と三人(杉崎・潮田・高見)の動画を収録しているもの。

元々はカレンダー・天気予想のアプリだったようだが、その提供期間が終わり現在は時計表示のみになっている。

■2012/08/08 (水) iPad part42 花しらべ(2)

実は、iPadは買う前から「カメラなんていらないからもっと安くして欲しい」と思っていた。

しかし「花しらべ」は、そのカメラを使って撮った写真で検索ができるので、初めてカメラの有用性を知ったアプリでもある。

この開発者が、草木と昆虫でも同じものを出してくれるなら値段を問わず買いたいと思う。

■2012/08/07 (火) iPad part41 花しらべ(1)

囲碁将棋関係以外で最も驚き感動したアプリが「花しらべ」(600円)だ。

特段花に興味があるという訳ではないのだが、辞書とか図鑑は昔から好きで、単に見ているだけでも飽きない。

さほど期待してダウンロードした訳ではないだけに、実際に使ったらその使いやすさときれいさにビックリした。

■2012/08/06 (月) 8月5日の出来事

8月に入った。その第1週。ほぼいつも来るメンバーでほぼいつもの一日。

たま〜に来る”早見え早指し早投げ”の人が来店。最後追いかければ詰んでいたにも関わらず投げてしまい大金星を逃した。

夜はいつものペア碁。相変わらずいろいろな変化はあったものの大きな波乱もなく。夜11時前お開き。

■2012/08/04 (土) iPad part40 Map Fan(3)

もう一つの価値は車のナビ機能で、実際に少し使って見たらそこそこ使える感じだ。

専用のナビのようにはいかなくても、たまーに使う分には十分で、まあ何とか2300円位の価値はあるという風に受け取っている。

Map FanとGoogl Mapは得意とする所が違うので、必要に応じてそれぞれ使い分けると良いのかもしれない。

■2012/08/03 (金) iPad part39 Map Fan(2)

期待して入れただけに、最初開いた時は「こんなものか?」というのが第一印象。(←何を期待していた?)

確かにGoogl Mapよりは紙に近く見やすいが、それだけでは有料の価値はないようにも思える。

結局、外で使うGoogl Mapは表示が遅いので、オフラインで使えると言うことに一つ目のメリットを見い出した(特に災害時は)。

■2012/08/02 (木) iPad part38 Map Fan(1)

App Storeを見ていて入れたくなったのが、「Map Fan」(2300円)だ。

「無料のGoogl Mapがあるのになぜ有料のものを入れる必要がある?」と言われればその通りでその価値があるかどうかは考えた。

しかし評価やレビューが良いので、「きっと良いに違いない!」と漠然とした期待感を持ってダウンロード。

■2012/08/01 (水) iPad part37 まだまだ続くiPadシリーズ

先月、先々月とiPadだけで終わらせたこの3行のつぶやき。

さすがに二ヶ月で終わらせるつもりだったのだが、いろいろ書いているうちに新たにネタが出てきてまだ終わらない。

今月はいろいろなアプリの話でもうしばらく続く予定。

ホームへ戻る/3行のつぶやき表紙へ