将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ

2018年 今日の「実戦の詰み」


第149問(4月6日出題)

飯能将棋センターのリレー将棋から。
初手は2三金で精算。しかし、平凡に追うと3三、4四から上部へ脱出される。それを阻止する手段とは?

19手詰。10分で四段。

第150問(4月11日出題)

アマニ段同士の一戦から。先手玉には△8七銀と打ち込めば長手数の詰みがあったが、△8二飛と攻防に打ってしまった。しかしこれでは受けになっていない。なお、後手玉が簡単な人には△8二飛と打たずに△8七銀からの25手詰もどうぞ。

13手詰。10分で二段。

第151問(4月17日出題)

アマ四段同士の対局から姉妹問題を二つ。
6三から上へ脱出されてはダメだが、7三から上部、あるいは6一から5一の筋もあり丁寧な読みが必要。

13手詰。10分で三段。

第152問(4月17日出題)

上の図面との違いは、△5六馬と▲6六歩のみ。入り方は同じだが、もちろん同じ筋では詰まない。こちらの方が難しいと思う。
なお、収束部にはいくつかの詰め方(余詰)がある。

17手詰。10分で四段。

解答を見る/やさしい実戦の詰みへ

将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ