将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ

2018年 今日の「実戦の詰み」


第167問(9月12日出題)

飯能将棋センターで級位者を入れたリレー将棋から。詰みそうな筋を二つ解説。もちろんそのうちの一つしか詰まない。

15手詰。10分で四段。

おまけ問題(9月12日出題)

上の局面の一手前、但し△8八の龍は△7八龍に。ここに、長手数の難解な詰みがある。余詰めを検討していた時に出てきた筋を問題にした。31手目以降には余詰めあり。
おまけ問題としてどうぞ。

41手詰。10分でプロ級。

第168問(9月17日出題)

9月16日NHK杯(郷田九段-阿部七段戦)の詰みの局面から先手の持ち駒を最小に変更(実戦は、他に銀2桂香歩3を持っていた)。なお収束部に余詰めと変化同手数。

13手詰。10分で二段。

解答を見る/やさしい実戦の詰みへ

将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ