将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ

2018年 今日の「やさしい実戦の詰み」


第141問(2月9日出題)

飯能将棋センターのリレー将棋から作成。
2九の飛車が良く利いており動けない玉だが、持ち駒が金ではなく、銀桂香だ。

玉を逃がさない妙手順が求められる。

7手詰。10分で2級。

第142問(2月12日出題)

2月11日NHK杯(斎藤慎太郎七段-山崎八段)から(先後逆)。
実戦には現れていないが、ここまで来ればあと少し。盤面全体を見て、角筋をさえぎらないように。

7手詰。10分で4級。

第143問(2月19日出題)

2月18日NHK杯(稲葉八段-渡辺棋王)の終局図から作成。
上部へ脱出されないように馬で王手するしかないが、単純に馬だけの王手だと千日手になってしまう。そこでどうするか?

7手詰。10分で3級。

解答を見る/実戦の詰みへ

将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ