将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ

2018年 今日の「やさしい実戦の詰み」


第149問(4月6日出題)

飯能将棋センターのリレー将棋から。また、実戦の詰みを修正して若干短くした。
3三から4四へ脱出されると駒が足りなくなる。そこでどうするか?

9手詰。10分で2級。

第150問(4月11日出題)

アマニ段同士の一戦から。
3三玉から2四玉と脱出されると上部には止める駒がない。持ち駒は飛車しかないが、盤上の駒をうまく使って捕まえる。

7手詰。10分で3級。

第151問(4月17日出題)

アマ四段同士の対局から姉妹問題二つ。
角を持っていて簡単そうだが、3手詰ではないので注意。その逃げ方を丁寧に読む。なお、最後の三手は二通りの詰め方がある。

7手詰。10分で3級。

第152問(4月17日出題)

上と同じ対局から違った筋を使って作成(その収束部)。なお、余詰め消しの為、△9二飛を配置したのでこの利きと5六馬の利きに気を付けて攻める。

5手詰。10分で6級。

解答を見る/実戦の詰みへ

将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ