将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ

2018年 今日の「やさしい実戦の詰み」


第154問(5月7日出題)

5月6日NHK杯(上野五段-松尾七段)の投了以降の詰みを問題にした(先後逆)。
余詰めを消す為△3五銀を配置しているので注意。盤面全体を見て攻める。


7手詰。10分で5級。

第155問(5月21日出題)

5月20日NHK杯(杉本和陽四段-斎藤慎太郎七段戦)の終盤の詰み局面から。余詰めを消す為3二角など若干修正。
詰将棋と実戦の違いの罠にはまらないように。

7手詰。10分で4級。

解答を見る/実戦の詰みへ

将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ