ホームへ戻る/詰将棋専門学校トップへ/やさしい詰将棋表紙へ

3手詰問題集


3手詰問題集ですから、全て手数は3手です。
解答はすぐ下にありますので、解けた後、スクロールして答え合わせして下さい。





   解答

4二角・同銀・3二銀まで3手詰。
初手1三角は、桂が利いています。
2二へ角を打つと、4二玉とされ、4四へ角をなっても3二へ歩を合駒されて詰みません(残りの持駒は全部相手のものです)。
   解答

3三飛成・同玉・3二角成まで3手詰。
初手3二へ飛車や角が成ると、1三へ逃げられてどうしても詰みません。





   解答

1一角成・同玉・2二銀まで3手詰。
初手3一角成は、同玉・2二銀のあと、3二玉と逃げられます。
   解答

1三角成・同玉・1二金まで3手詰。
3二金では、1一玉のあと、続きません。
1三角成が手筋でした。





   解答

1三角・同香・3五金まで3手詰。
すぐ3五金とすると、1三へ逃げられます。
かといって3五角では、2五へ逃げられます。ここは、逃げ道へ打つ1三角が妙手です。
   解答

1三銀成・同玉・2五桂まで3手詰。
銀を動かして開王手するのですが、両王手でないと、飛車が銀で取られてしまいます。





   解答

1四飛・同玉・2四銀成まで3手詰。
1一から飛車を打つと、1二へ合駒されて詰みません。
3手目2四成銀は、同歩とは取れません(3二に角がいます)。
   解答

2二飛・同玉・3一馬まで3手詰。
ちょっと難しかったかもしれません。
初手2二飛車がポイント。なんで取っても次の一手で詰むことを確認して下さい。





   解答

3四飛成・同馬・3二角成まで3手詰。
初手2二飛成は、同馬と取られてしまいます。3四へ成り返り、馬をじゃま駒にしてしまうのがポイントです。
   解答

1四角・同玉・2三銀まで3手詰。
3四角は、3三玉で、4三角成は2六と、と取られて詰みません。1四角と両王手するのが正解です。



ホームへ戻る/詰将棋専門学校トップへ/やさしい詰将棋表紙へ