将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ

2019年 今日の「実戦の詰み」


第182問(1月7日出題)

1月6日NHK杯(三枚堂六段-近藤誠也五段戦)の最終盤(先後逆)。本譜は7六歩に6四玉で詰みはないが、もし8四玉ならとん死という問題。
金三枚では足りないように見えるが、強烈な筋がある。なお収束5手前からいろいろな詰め方有り。

13手詰。10分で三段。

第183問(1月21日出題)

1月20日NHK杯(行方八段-豊島二冠戦)の終局図から後手玉を詰むように修正。
紛れも難しい手筋もなく単なる並べ詰みと言えるが、17手という長さを実戦で読み切れるかどうかという問題。

17手詰。10分で二段。

解答を見る/やさしい実戦の詰みへ

将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ